就業規則作成時に気をつける事や作成方法について

就業規則作成

まず、就業規則の意味とは、労働者の就業上尊守すべき規律や、労働条件に関する具体的細目について労働基準法に基づいて定めされた規則の事を示します。

就業規則作成の際に注意すべき点として、就業規則は各内容によって章により分かれています。まず第1章の総則では従業員の労働条件や服装規律、そのほかの就業に関する事項を定めたものとなっています。

就業規則の章の中には、そのほかに採用及び移動や、服装規律、労働時間、休日、休憩についてなどが各章にまたがり記載されていなければなりません。

そもそも就業規則とは従業員の数が10名を超えた場合に作成しなければいけません。作成の手引きとしては、まず企業側が規則を作成し、その後労働者の代表に確認し、意見書を書いてもらいます。

それらを用いて労働基準監督署に提出しなければなりません。内容についても細部は業種により異なりますが、必ず記載しなければいけない事項として、休日や始業時刻などの時間に関する記載、賃金などに関する記載、退職や解雇についての記載があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です